ブログ集客

ブログの文章は流し読みされる?書き方ひとつで結果は変えられる

ブログをしていても成果が全然出てこない…。そんなブログ初心者は、文章の書き方を変えるのがおすすめです。

 

ただ面白く書けばいいわけでなく、SEOに特化した書き方をすると、Googleから集客できるようになります。そのためには次の書き方をしてみてくださいね。

 

  • ターゲットを決めてキーワードを決める
  • 見出しを作って構成を決める
  • 流し読みしやすい文章を書く

 

結論から言うと、これがGoogleからの流入を増やすブログの書き方です。では具体的に見てみましょう。

 

ちなみにブログの集客には、SEOだけでなく、SNSで集客する方法もあります。それは過去に記事で紹介しているので、それも参考にしてみてくださいね。

ブログの集客を2つの方法に分けて紹介レベルによって使い分けよう 現在ではたくさんのブログがありますが、うまく集客できている人は少ないはずです。少なくともこれを見ているあなたは、集客に苦戦しています...

 

ブログの文章はキーワードの選び方で書き方が変わる

ブログの文章を書く前にキーワードを選ぶのが、記事を書く初めの方法です。そこで次のツールを使いましょう。

 

  • キーワードプランナー
  • 関連キーワード取得ツール

 

これらのツールで、ほとんどの使うキーワードが決められます。

 

ちなみにキーワードの決め方にも順序があるので、それも次で詳しく紹介しますね。大きく分けて2つだけなので、簡単に覚えられるはずです。

 

  • ターゲットを決めて書く
  • ブログ初心者は競合が少ないキーワードを選ぶ

 

ではどのように書くのか、具体的に紹介するので、参考にしてみてくださいね。

 

ターゲットを選んでわかりやすく書く

キーワードを選ぶ際に重要なのが、あなたのブログのターゲットが誰なのか?これを意識しましょう。

 

ターゲットとは次のように具体的に決めておき、その人がどのような検索をするのか、イメージすれば決めやすくなります。

 

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 性格
  • 生活環境 など

 

これをブログの世界では、「ペルソナ」といい、この人ひとりに向けて記事を書くと、成果が出やすいと言われています。

 

文章を書く前に決めておいてくださいね。

 

ちなみにこれは1回決めておけば、後はそれを参考にキーワードを決めていけます。

 

ブログ初心者は競合が少ないキーワードを選ぶ

次は競合が少ないキーワードを選ぶのがおすすめです。これは先ほど紹介した、キーワードプランナーを見れば、大体がわかります。

 

それは左端にある「競合性」といわれる部分です。

 

 

これはあくまで目安として見てほしいのですが、このキーワードでGoogleの広告を出稿している人の割合になります。

 

「低」となっているのなら、あまり出稿している人がいないので、競合が少ないと見ていいでしょう。

 

ブログは流し読みするもの!文章を書く前に構成を考えよう!

新しく書くキーワードが決まったら、次に構成を考えたほうが、スムーズに文章が書けます。

 

ここでいう構成とは、「見出しを付ける」という意味です。

 

見出しを付けるとブログ初心者にとって、次のメリットが得られるので、積極的につけてしまいましょう

 

  • 書きたい事がブレない
  • 意外と長文でもストレスが少ない
  • 読者にとって読みやすい
  • SEO的に効果あり

 

この記事のタイトルにあるように、ブログというのは流し読みされるのが普通です。

 

つまり見出しで目を止めてもらった、本文を読んでみるのが狙い。これだけでなく、書く側にとってメリットもたくさんあります。

 

では具体的な見出しの書き方について、それぞれ見てみましょう。

 

興味をそそる内容に見出しを付ける

そもそもブログを読むのは流し読みが前提なら、見出しに興味を持ってもらわないと、ユーザーはすぐに別のブログへ移動してしまいます。

 

それを防ぐために、興味をそそる内容に見出しを付けないといけません。そこで次のポイントを織り込むようにしてみてください。

 

  • 先に結論を書く
  • 内容はシンプルにする
  • 呼びかけるように書く

 

今回はSEOのための文章の書き方なので、あえて、このような書き方を紹介しました。

 

Googleで検索するほとんどの場合は、疑問があって検索するはずです。その疑問の答えを見出しに書いていると、それだけで読みたくなりますよね。

 

またシンプルにしないと、わかりにくくて読み飛ばしてしまうでしょう。

 

最後にあなたのための記事ですよ!と思わせるように、呼びかけるのもおすすめ!例えば次のようなキーワードを入れてみてください。

 

  • 学生の皆さん
  • あなたのような主婦
  • お仕事を頑張るサラリーマン

 

これもひとつの例ですが、最初に決めたターゲットを、ピンポイントで書くと響きやすくなりますよ

 

大見出しにはキーワードをすべて入れる

見出しはGoogleが最初に読みこむ場所であり、SEO的に重要な部分として有名です。そこで大見出しは特に、キーワードを入れてしまいましょう。

 

また検索したユーザーも、知りたい内容が書いてあると認識するので、読み飛ばさなくなります。

 

ちなみに上記で紹介した、関連キーワード取得ツール」で出てきた、別のキーワードもいれるのもおすすめです。

 

SEO的に効果があるので、検索で上位になりやすいですよ。

 

最後にブログの本文の突入!注意点と正しい文章の書き方

ここまでできたら、最後に本文を書いてしましょう。

 

基本は見出しに書きだした内容に合わせて、そのまま文章で詳しく説明するイメージですね。

 

ちなみにここでは、次のポイントを意識して書くのがおすすめです。

 

  • ターゲットに合わせた文章を書く
  • キーワードは全体に書き入れる
  • 吹き出しなどを使って読みやすくする

 

ブログを読む人は「流し読み」が前提と紹介しましたが、これを考えると、先ほどのポイントの重要性がわかりますよね。

 

本文を書く際に意識してみてください。

 

その1:ターゲットに合わせた文章を書く

ブログを読む人は流し読みをする。つまり成果を出すためには、見出しの段階で目にとめてもらう必要があります。

 

そこでターゲットに共感をしてもらわないといけません。

 

そのためにはターゲットに合わせた文章を書くと、読みやすいと思ってもらえます。例えば次の表を見てみてください。

 

男性論理的に説明する
女性感情を出して共感する

 

ターゲットを男性と女性にするだけでも、書き方がここまで違います。

 

男性が読みやすいと思うのは、論理的な書き方です。「○○はこうだから、△△だ!」みたいな感じです。

 

ところが女性をターゲットにしている場合は、「あなたは○○ですよね?△△の気持ちになるのもわかります。」といった具合に、全然違いますよね。

 

少なくとも、性別を意識して書くように、本文を書く際は注意してみましょう。

 

その2:キーワードは自然な形で増やす

次はキーワードに関してです。これはほとんどSEO効果を上げるためにでもあります。

 

今までのSEOはできるだけ多くのキーワードを追加したほうが、効果がありました。

 

ところが現在では、そこまで意識しなくても、上位に表示されます。日本語としておかしい!とユーザーが思われると、すぐに別のブログに移動してしまうからですね。

 

ブログ初心者だと、特に意識しすぎると文章がおかしくなってしまうので、自然な形になる場合はキーワードを入れてしまいましょう。

 

その3:吹き出しと表、箇条書きを加えて読みやすく

流し読みが前提のユーザーのために、なるべく文章ばかりにしないのも、ブログで成果を出すためには重要です。

 

そこで文字ばかりにならないためにも、箇条書きや表を積極的に使いましょう

 

箇条書き
  • 紹介する事柄が2つ以上の時
  • 数字を使って説明
  • 箇条書きで説明が必要な時

 

このような時に使うと便利ですよ。意識して文章を書いてしまいましょう。

 

また吹き出しを使うと、さらに文章が読みやすくなります。

 

  • 見出しの最後にまとめとして使う
  • 会話形式で説明する
  • 読んでほしいポイントとして強調する

 

使い方としてはたくさんありますが、ユーザーを飽きさせない努力をするのが、ブログの文章の書き方としては基本ですね。

 

ブログの文章は流し読みが基本!分析して書き方を変えよう

ブログの文章の書き方は、流し読みをするユーザーに目を止めてもらうために必要です。

 

とはいっても、どんな書き方がベストなのかは、各ブログによって全然違います。

 

そこでたくさんのツールを使って分析しないと、本当の意味の正解はわかりません。そこでブロアシというツールを使いましょう。

 

  • Googleアナリティクス
  • Search console
  • SEOチェキ など

 

これらのツールが1つの画面で使えるので、分析しやすいですよ。ブログ初心者は、文章を修正する際に活用するのがおすすめです。

 

文章を修正するために導入する

ABOUT ME
メガネ
メガネ
元美容師が手荒れからWEBライターに転向。ブログも同時に運営しており、手荒れでも、むしろ仕事で困らなくなりました。手荒れでも困らない人のために情報発信もしています。